MI治療(低侵襲治療)

MI治療(低侵襲治療)とは

歯の治療において、歯質や歯髄への犠牲を最小限に抑え、本当に悪くなったところだけを削除して、健康な組織を温存し、修復する治療法です。最新のカリオロジー(虫歯学)に基づいた、真のエビデンスを持った歯に優しい治療法を意味します。

当クリニックでは、虫歯・予防治療の先進国であるスウェーデンで実際に行われているMI治療(Minimal Intervention)を導入しており、歯の寿命を長くすることをコンセプトにして治療を行っています。

MI治療では、次のような治療を行います。

ダイアグノデントによる虫歯の光学診断

レーザー光を用いた虫歯診断器ですので、痛みがゼロです。

カリソルブ治療

虫歯菌に感染している部位のみを融解・除菌することで、確実な除菌と感染歯質の排除を図れ、必要以上の歯質への介入を行いません。

当クリニックのレーザー治療

当クリニックでは、水に最も吸収される波長のレーザー光を用いるライトタッチレーザーという、最新の治療機器を使用しています。歯や骨といった硬組織の治療にも使用できる唯一のレーザーになります。

虫歯や歯周病治療をはじめ、根管治療など幅広く使用できます。様々なレーザーがある中で歯を削ることができるのは、ライトタッチレーザーだけです。虫歯にレーザーをあてると歯の水分がし蒸散され、同時に虫歯部分が分解・殺菌されていきます。

ライトタッチレーザーのメリット

治癒が早い

治療後の早期治癒と虫歯の再発抑制効果があります。また、殺菌しながら治療するので、深く削る必要がなく、傷跡もきれいなので治りが速くなります。

痛みが少ない

ほとんどの治療が麻酔無しでできるほど、痛みを最小限に抑えられます。麻酔注射による痛みや不快感、恐怖などが軽減されます。

嫌な音や不快な振動がない

レーザー光で組織を蒸散させていくので、全く振動がありません。また、ドリルが回転する時の「キーン」や「ガリガリ」といった歯を削る振動音もありません。

こんな方におすすめします

  • 小児や歯科治療に恐怖心のある方
  • 麻酔を使用できない方
  • ドリルの音や振動に耐えられない方
  • 何度も再治療をしたくない方
  • 虫歯が深く神経を取る恐れのある方

口腔内細菌フローラのコントロール

口腔内には約700~800種類の細菌が存在しており、善玉菌と悪玉菌のバランスが大変重要であることがわかっています。

そのためにプロバイオティクスという善玉菌を増やし、維持する予防法をご提案しています。

MI治療は、こんな方におすすめです

  • 痛いのがイヤ
  • 歯を大きく削るのがイヤ
  • 歯の神経をできるだけ残したい
  • 小さいお子さんなど、ドリルが苦手
  • 何度も治療するのはイヤ
Top