予防歯科

当クリニックの予防歯科

虫歯や歯周病は細菌による感染症です。虫歯や歯周病になりやすい人となりにくい人の差は、口腔内の細菌の質と量が影響していると考えられます。

当クリニックでは、位相差顕微鏡検査やリアルタイムPCR検査、唾液検査により、虫歯や歯周病の「なりやすさ」を調べます。その結果によって、PMTCや3DS、プロバイオティクスといったお一人お一人に合った治療法をご提案させて頂きます。

3DSとは

3DSとは、Dental・Drug・Delivery・System(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)の略で、虫歯や歯周病の予防効果を高めるために行う予防歯科治療です。専用のマウスピースに薬剤を注入して装着し、虫歯菌や歯周病菌を除菌、悪化の原因である歯垢の定着を集中的に抑えます。

口腔内の虫歯菌や歯周病菌は、PMTCなどのクリーニングである程度は除去できますが、完全に除去することはできません。3DSは残っている細菌を集中的に除菌するので、効率的に口腔環境を改善できます。

こんな方におすすめします

大人の場合
  • 虫歯や歯周病になりやすい
  • 詰め物や被せ物などの治療が多い
  • 口臭が気になる
  • 矯正治療を始めようと思っている
  • 歯が生え始める幼児がいる(母子感染防止)
  • 自分の口腔ケアに自信がない
  • 健康にもっと気を使いたい
子供の場合
  • 虫歯になりやすい
  • すでに虫歯が多数ある
  • 乳歯から永久歯に生え変わりそう(感染防止)

3DSの流れ

STEP1 初診

虫歯のある患者さんには、まずは虫歯治療を受けていただきます。顕微鏡検査を行い、口腔内の状況をお調べいたします。

STEP2 PMTC(歯のクリーニング)

除菌の効果をより高くするため、PMTCでお口の中をクリーニングいたします。また、患者さんのオーダーメイドマウスピースを作製します。

STEP3 除菌治療

マウスピースに薬剤を注入し、除菌治療を行います。PMTCを行った後なので、効率のよい除菌治療を実現できます。

STEP4 ホームケア

マウスピースを用いてホームケアを行っていただきます。※約7日間

STEP5 顕微鏡検査

口腔内の状況が改善されたか、再検査を行います。この段階で基準値以下になった場合はメインテナンスに移行します。

STEP6 メインテナンス

細菌が再発しないよう、しっかりとメインテナンスを行いましょう。

プロバイオティクスとは

人間の体には悪玉菌と善玉菌(プロバイオティクス)が共存しています。しかし、ストレスや生活習慣の変化により、口腔内フローラ(口腔内細菌叢)のバランスが崩れてしまい、悪玉菌が優勢になる場合があります。そこで減少してしまった善玉菌をプロバイオティクスの摂取で増加させ、悪玉菌の繁殖を抑制し、便秘や下痢、アレルギーをはじめ、虫歯や歯周病の予防に役立てています。

こんな方におすすめします

  • 忙しくて通院できないため、自宅でケアしたい
  • 妊娠中に虫歯になってしまったが、薬が飲めない
  • 健全な口腔状態を持続させ、再発を防止したい

プロバイオティクスの流れ

STEP1 善玉菌の選択

善玉菌にも様々な種類と特徴があるので、ご自分にあった善玉菌を選ぶことが大切です。

STEP2 善玉菌を育てる

定期的に善玉菌を補給し、体内で菌を育てていくことが大切です。

STEP3 菌質改善で体質改善

口腔内の菌質を高めることで、全身の健康維持にもつながっていきます。

正しいブラッシング習慣

なぜ歯磨きをするのでしょうか?歯磨きで何を取り除くのでしょうか?こんなこと考えたことがありますか?日本人のほとんどは虫歯と歯周病の原因を混合しており、正しいケア習慣を知らないままでいます。

当院ではここにフォーカスした飲食習慣・生活習慣の改善と、正しいブラッシング法についてご提案しております。新しい次元の簡単・確実なブラッシング習慣を取り入れてみませんか?

POIC WATER + oraloop4 + 飲食生活習慣調査

Top